2.07.2010

How to sleep well.

ひつじが一匹、ひつじが二匹・・・小さいときには数えながら寝ることもありました。早く寝ないとなんだか怖くて、ひつじ数えるといいって聞くからとにかく数えまくって、186・・・とかまでいってやっと「これ、迷信じゃな・・・」と思って無性に腹が立った思い出があります。田舎の夜は真っ暗で、小さい時は本当に夜が怖かった。朝になったら、「助かったー。朝が来た。」と思ってました。
昼間の疲れを癒すには睡眠は重要ですね。質の良い睡眠だと、次の日も気持ち良く過ごせて、効率も良いです。アルコールは睡眠を促しがすと勘違いされやすいけど、促しても、睡眠の質を落とすものだそうです。脳の働きを落とすので、昼間に頭に入れたことの記憶を定着させる働きが睡眠にはあるけど、その効果を一気に落としてしまいます。どんなに昼間に勉強しても、いい睡眠がないと意味がないんです。ほかによく言われるのは、寝る30分前のパソコンなど、光の強いものは避けたほうがよいとのこと。お風呂は一時間前には済ませておくこと。どちらも脳が覚醒してしまう行動です。
日中は交感神経が活躍していますが、夜は副交感神経の働きに交代。この交代で、心と体とをリフレッシュさせることが出来るようです。この本来のバランスが崩れてくると、「いいヒラメキがわかなくなる」「記憶力が落ちる」「イライラして、感情のコントロールが出来なくなる」などの弊害が明らかに出てきます。忙しい現代人にはなかなか難しい・・・。でも、もう脳が若くないのを体感しているので、できるだけ効率のよい勉強法で、定着させたいです。本を読んでも、集中して勉強しても、脳が疲れていたら、まったく記憶に残らない。あ、こうやっている間に遅くなってしまった。


1 comment:

  1. らしいね~。
    わたしも気をつける

    ReplyDelete